薄毛は20代から始まります。

そして、薄毛の進行状態を示すハミルトンノーウッド分類というのがありまして、この分類によると

額の薄毛が始まるのがステージ1となります。

徐々に毛が薄くなり、ステージ7では全体に広がります。

実際に薄毛治療に当たっている医師によると、治療の効果を得やすいのは40代以下だということです。

 

額と頭頂部の薄毛が繋がる前がタイムリミットだそうです。

            

                        Harg治療は秋葉原中央クリニック

 

ステージは、ほぼ5年ごとに一段階づつ上がっていく事が分かってきました。

 

しかし、50代の方でもステージ3以下ならば治療の効果はでるそうです。

しかし、治療の効果があるかどうかは、頭皮チェックをしてから決めるそうです。

まるっきり頭皮に毛が生えてこないわけでは無く、産毛が生えてきても、数か月で抜けてしまうのが、男性型脱毛症です。

また、20%以上の髪が細くなったり短くなったりしているのが見える場合も男性型脱毛症。

 

この説明をテレビでしてくれた50代の医師の方は、ご自身も20代から薄毛治療としてフィナステリド”を飲み続けているそうです。

それは、父親も祖父も禿げており、確実に遺伝を受け継いでるのが分かっているからだそうです。

20年飲み続けているそうですが、効果はハッキリとありますね。

 

治療の効果は、額が少し広めという感じだけで、髪はフサフサしていました。

男性型脱毛症の治療法として、どの治療法が有効かという科学的根拠(エビデンス)のレベル分類で、日本皮膚科学会ガイドラインが、治療法を5段階で表しています。

 

 

              

 

                      薄毛治療を横浜でお探しの方はこちら

 

 

             

日本皮膚科学会ガイドラインの5段階というのは、

 

Aランク 行うよう強く勧める

病院で治療を勧める飲み薬

フィナステリド

デュタステリド

但し保険適用外なので、5000~8000円/月

調査によると、この薬を飲む年数で結果が違います。

1年目  58%

2年目  68%

3年目  78%

薄毛が改善されたという結果です。

ただ、副作用として性機能障害が起きる可能性がありますが、症状があらわれるのは、1%未満だそうです。

塗り薬 ミノキシジル 唯一医薬品と認められています。

 

B ランク 行うよう勧める

赤色LED 飲み薬、塗り薬と併用すると良い

赤色LEDとはヘルメットになっていて、内側にLEDが照射されるようになっており、の毛を伸ばせと指令をだす細胞を刺激します。

一日 20分~30分 週 23回で半年くらいで効果が出ます。

塗り薬 アデノシン(医薬部外品)

自毛植毛

Aランク・Bランクはクリニックで確実に効果があると言うことになりますが、

女性の薄毛においては、メカニズムが違うので男性と同じ手法はとれないそうです。

C1.行ってもよい

C2.行わないほうがよい

D.行うべきではない 

などとありますが、しかし、これらが100%判断基準に推奨するわけではないそうです。

それは、研究の科学的根拠(エビデンス)が不足していると言うことのようです。

しかし、病院へは行きたくないが何とかしたい方には、ヘアスタイルで随分印象が変わります。

薄毛男性専門美容院など有るので行かれるのも良いでしょうね。

女性の薄毛はメカニズムが違うので男性と同じ手法ではないが、こちらのクリニックでは

「​女性の薄毛治療」として治療をしていますので、悩んでる方は相談から始める事もできます。

 

秋葉原中央クリニックの薄毛治療

© 2018 育毛剤 rss